大人の絵本

大人のあなたに読んでほしい。 オススメ絵本。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Giving Tree/シェル・シルヴァスタイン

The Giving Tree/おおきな木

Once there was a tree...
and she loved a little boy.

作:Shel Silverstein 絵:Shel Silverstein 出版社:Harpercollins Childrens Books 発行日:2003.04

大好きな男の子に彼の望むものを与え続ける木のお話です。



あるところに1本の木がありました。
彼女には大好きな小さな男の子がいました。
男の子は毎日彼女を訪れました。そして、彼女の幹に登ったり、枝にぶらさがったり、かくれんぼをしたりして遊びました。
男の子は彼女が大好きでした。
彼女は幸せでした。

しかし時が経ち 男の子は成長します…。

木の木陰で遊び、葉っぱで王冠を作り、りんごを食べて過ごすだけで幸せだった男の子は 変わってしまいます。

木陰や葉っぱやりんごでは 幸せになれなくなってしまいました。

木は独りになります…。

Then one day the boy come to the tree and the tree said,
"Come,Boy,Come and climb up my trunk and swing from my branches and eat apples and play in my shade and be happy."
"I am too big to climb and play."said the boy.


彼はお金を欲しがります。
しかし彼女は持っていません。代わりに彼女のりんごを街へ持っていって売るように言います。
男の子はりんごを取って運んでいきました。

彼女はそれで幸せでした。


ある日、とても久しぶりに男の子が戻ってきて 言います。

"I want a house to keep me warm."
"Can you give me a house?"


彼女は家なんて持っていません。代わりに彼女の枝を切って家を建てるように言います。


ある日、また男の子は戻ってきて今度はボートが欲しいんだと言います。
しかし彼女は持っていません。
代わりに幹を切ってボートを作るようにいいます。
男の子は彼女のほとんどを切り取り持ち去りました。

切り株だけになった彼女の姿が痛々しい。

彼女は幸せだったけど… 本当は違いました。



最後には与える物が何もなくなりました。
木は何もあげられないと悲しみます。
しかし 年老いた男の子は何もいらないと答えます。
ただ 静かな所で 座って休みたいんだ と。

それなら、私の古びた切り株がちょうどいい。
おいで、ぼうや。ここでお休み。

And tree was happy.




与えるだけだった木。
叱ることも、諭すこともしなかった木。

それが良いか悪いか意見は分かれるかもしれないけど、

それよりも、彼女の気持ちを思うと涙が出てきます。

与えるだけでいつも幸せだったわけじゃない。

それでもまた次に男の子が訪れた時

おいで。幹に登り、そして木陰で遊びなさい。と言える強さ。

なんか母親みたいだ と思いました。


シンプルな絵と文が魅力の絵本です。
子供に というよりは少し大人向けの絵本だと思います。
日本語版もあります。

おおきな木
作:Shel Silverstein 訳:ほんだきんいちろう 出版社:篠崎書林 発行日:1976






テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

Lisa's Airplane Trip/Anne Gutman

Lisa's Airplane Trip/リサひこうきにのる

I'm Lisa. Guess where I was last week?
作:Anne Gutman 絵:Georg Hallensleben 出版社:Alfred a Knopf 発行日:2001.03

はじめての飛行機ではじめての一人旅。
ごはんに映画にスチュワーデスにコックピット…。飛行機の中はリサにとってめずらしいものでいっぱいです!

「リサとガスパール」シリーズ第1弾です。



ゲオルグ・ハレンスレーベンのかわいくてクールなイラストと、アン・グットマンの楽しい物語が魅力です。
イラスト+文章 で、一つの絵になってるような感じがします。

なので日本語版よりダンゼン洋書の方がオススメ!

20060406223423.jpg


日本語版の方はイラストの上に文字がべチャーっと印刷されてて
なんか不自然です。絵との一体感がない。
それに、ひらがなで綴られる文章の口調が私の中のリサのイメージと違う…。

「英語わかんないよ…。」って人でも簡単な英語なので大丈夫です。
だいたい分かればいいんです。試験じゃないんだから。

Guess where I was last week?
in BIG plane over the ocean.


リサが機内で食べたものもいっぱい載っているので
食べ物の名前を覚えられていいかもしれませんね。


この絵本も紀■国屋で見たら1800円近くしてました。
amazonだと869円なのに。なんでだろう。洋書は高いのかな?
日本って絵本の相場が高いと思います。
1000円以上だと子供が自分で買える金額じゃないですよね。
400円のマンガを手に取るのも仕方ありません。

もっと気軽に買える存在になって欲しいです。

私の為にも(笑)



Lisa's Airplane Tripの続きはこちら。
Lisa in New York


ニューヨークに着いたリサはハリソンおじさんの案内で街を観光します…。


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。