大人の絵本

大人のあなたに読んでほしい。 オススメ絵本。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わすれられないおくりもの/スーザン・バーレイ

わすれられないおくりもの

長いトンネルのむこうにいくよ、さようなら
作:スーザン・バーレイ 絵:スーザン・バーレイ 訳:小川仁央 出版社:評論社 発行日:1986.10

賢くて親切なアナグマはみんなから好かれていました。
彼はもうだいぶ年をとっていて、自分が死ぬのはそう遠くないことも知っていました。
アナグマがそのことをおそれていなかったのは 体が無くなっても 心は残ることを知っていたからです。
ただ 残していく友だちのことが気がかりで 自分がいつか 長いトンネルの向こうに行ってしまっても あまり悲しまないように、と話していました。
ある日アナグマは長いトンネルを走る不思議な夢をみます。そしてアナグマは長い眠りについたのです。
森のみんなはとても悲しみ、どうしていいか途方にくれます...



大切な人の死を、どのように受け止め、乗り越えていくか

穏やかに、けれどもしっかりと読者に語りかけるお話です。


アナグマの残したものとは

モグラには1枚の紙から手を繋いだモグラを切り抜く方法。

キツネはすてきなネクタイの結び方。

スケートの滑り方や、クッキーの焼き方・・・

それは生きていく知恵や工夫であって、形あるものではありません。

しかしそれが、どれだけ残された者の役に立ったことでしょう。

どれだけみんなの生活を豊かにしたことでしょう。

アナグマの残してくれたものを持ち寄り、アナグマの話をしているうちに

みんなの悲しみも薄れていきます。

森のみんなは 誰ともなく集まるようになり

アナグマの話をしては 楽しい時間を過ごし

彼の残してくれたものを教えあって 助け合うようになります。

このことこそが、アナグマがのこしてくれた一番のおくりものなのではないでしょうか。

子供のころから何度も何度も読んだ思い出深い絵本です。

大切な人の死に直面するという体験は1度しかないけど、

今、私も家族もその事実を乗り越え、笑顔で思い出話をするようになりました。

普段会えない人達とも頻繁に連絡を取り、会う機会が増えました。

森の仲間がアナグマから贈り物をもらったように、

私たちも絆という贈り物をもらった気がします。

そして不思議な事に、亡くなったばーちゃんを近くに感じます。

幽霊とかそーゆーイミでなくて(;^_^A

そっちはどうですか、ばーちゃんヾ(@^▽^@)ノ

こっちではみんな十三回忌で集まれるからってウキウキしてますよ♪

親戚がこんなに仲良くなったのも、あなたがキッカケをくれたからです。

ありがとう☆




スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

その、このブログで語るペースに魅せられてしまいました。
ふんわり、というか、何というか。
ぜひ相互リンクお願いします。

コメントありがとうございます。
これからもステキな絵本を紹介していくつもりですので
また気軽に遊びに来て下さい。
相互リンク大歓迎です♪

  • 2005/12/04(日) 03:07:32 |
  • URL |
  • カオリ #-
  • [ 編集 ]

はじめまして
色使いのいい
落ち着けるブログですね。
最近こうゆう大人の絵本が大人気ですね。
いくつになってもメルヘンチックな心は
たいせつにしたいです。
TBさせてください。

こんにちわ。
訪問ありがとうございます。
どうぞお気軽にTBしてください☆
子供の頃の感覚や気持ちって薄れていってしまいがちだけど
失くさないようにしたいですよね。
なかなか難しいんですけどね(>_<)

  • 2005/12/04(日) 14:51:25 |
  • URL |
  • カオリ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cheshirecats.blog38.fc2.com/tb.php/8-65ff2c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2006/03/28(火) 10:49:44 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。