大人の絵本

大人のあなたに読んでほしい。 オススメ絵本。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちびくろ さんぼ/ヘレン・バンナーマン

ちびくろさんぼ

ぐるぐる ぐるぐる まわってるうちに、とうとう、みんな どろどろに とけてしまいました。
作:ヘレン・バンナーマン 絵:フランク・ドビアス 訳:光吉夏弥 出版社:瑞雲社 発行日:2005.04

長い間絶版となっていた幻のベストセラーがついに復刊!
ちびくろさんぼは ちいさな かわいい くろいおとこのこ。ちびくろさんぼは あかい うわぎと あおい ずぼんに、むらさきいろの くつをはいて、みどりの かさをさして じゃんぐるへ さんぽにでかけました・・・

懐かしい絵と文章が帰ってきました。



「ちびくろさんぼ」は、英国人女性ヘレン・バンナーマンの絵本が原作。

日本では岩波書店が1953年に発売(フランク・ドビアス絵、光吉夏弥訳)
その後20社余りから約50点が出版され、子供たちに親しまれる
ベストセラーとなった。

しかし黒人に対する人種差別だ!という世論が高まり
1988年に絶版となりました。

本屋さんから ちびくろさんぼ が消えて17年・・・

絵本といえば ちびくろさんぼ という時代に育った私としては
ちびくろさんぼを知らない子供たちに軽く衝撃を受けました。
トラたちが やしの木の周りをぐるぐる回ってとけてバターになってしまう場面なんか、ドキドキしながら読んだのに。

トラがとけてバターになっちゃうなんて!

こんな奇想天外な発想のおもしろい絵本があるのに読めないなんて
今の子はかわいそうだ・・・と思ってました。


ホットケーキを
おかあさんの まんぼは 27まい
おとうさんの じゃんぼは 55まい
そして ちびくろさんぼは なんと 169まいも たべました!



山積みになったホットケーキのイラストがとても美味しそうだった☆

このシーンに黒人差別なんて感じたことなかったけどな・・・。


ひねくれものの大人の意見が、無垢な子供の表現の自由を奪い
黒人を差別するという事実を教え、
ふれてはいけない物のように扱うことを教え、
そうすることで 子供を、黒人を、守った気でいたんだね。

その間違いに気付き、復刊の決心をした瑞雲社はエライ!

17年ぶりの旧友との再会を、是非楽しんでみてください♪



こちらは原作です。小さいです(;^_^A


スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

はじめ

私の知り合いの犬を散歩に連れて行く前に
サンポとサンボをひっかけて
犬に「ちびくろ」と声をかけると
気がくるったように喜びます。バターになるかと思うほどに(^^♪

  • 2005/12/01(木) 09:35:49 |
  • URL |
  • 焚火音楽亭 実験室 #-
  • [ 編集 ]

ちびくろ=散歩 というすり込みですね。
散歩に行くのがよほど嬉しいんでしょうね~(^-^)

  • 2005/12/01(木) 23:08:28 |
  • URL |
  • カオリ #-
  • [ 編集 ]

そうそう、グルグルしてる場面、好き好き。
幼い頃、うちにはマーガリンしかない、と悔しい思いをしていたよ。
このバター、本当においしそうだもんね。

  • 2005/12/05(月) 14:18:48 |
  • URL |
  • みさき #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cheshirecats.blog38.fc2.com/tb.php/7-0ace62f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。