大人の絵本

大人のあなたに読んでほしい。 オススメ絵本。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Giving Tree/シェル・シルヴァスタイン

The Giving Tree/おおきな木

Once there was a tree...
and she loved a little boy.

作:Shel Silverstein 絵:Shel Silverstein 出版社:Harpercollins Childrens Books 発行日:2003.04

大好きな男の子に彼の望むものを与え続ける木のお話です。



あるところに1本の木がありました。
彼女には大好きな小さな男の子がいました。
男の子は毎日彼女を訪れました。そして、彼女の幹に登ったり、枝にぶらさがったり、かくれんぼをしたりして遊びました。
男の子は彼女が大好きでした。
彼女は幸せでした。

しかし時が経ち 男の子は成長します…。

木の木陰で遊び、葉っぱで王冠を作り、りんごを食べて過ごすだけで幸せだった男の子は 変わってしまいます。

木陰や葉っぱやりんごでは 幸せになれなくなってしまいました。

木は独りになります…。

Then one day the boy come to the tree and the tree said,
"Come,Boy,Come and climb up my trunk and swing from my branches and eat apples and play in my shade and be happy."
"I am too big to climb and play."said the boy.


彼はお金を欲しがります。
しかし彼女は持っていません。代わりに彼女のりんごを街へ持っていって売るように言います。
男の子はりんごを取って運んでいきました。

彼女はそれで幸せでした。


ある日、とても久しぶりに男の子が戻ってきて 言います。

"I want a house to keep me warm."
"Can you give me a house?"


彼女は家なんて持っていません。代わりに彼女の枝を切って家を建てるように言います。


ある日、また男の子は戻ってきて今度はボートが欲しいんだと言います。
しかし彼女は持っていません。
代わりに幹を切ってボートを作るようにいいます。
男の子は彼女のほとんどを切り取り持ち去りました。

切り株だけになった彼女の姿が痛々しい。

彼女は幸せだったけど… 本当は違いました。



最後には与える物が何もなくなりました。
木は何もあげられないと悲しみます。
しかし 年老いた男の子は何もいらないと答えます。
ただ 静かな所で 座って休みたいんだ と。

それなら、私の古びた切り株がちょうどいい。
おいで、ぼうや。ここでお休み。

And tree was happy.




与えるだけだった木。
叱ることも、諭すこともしなかった木。

それが良いか悪いか意見は分かれるかもしれないけど、

それよりも、彼女の気持ちを思うと涙が出てきます。

与えるだけでいつも幸せだったわけじゃない。

それでもまた次に男の子が訪れた時

おいで。幹に登り、そして木陰で遊びなさい。と言える強さ。

なんか母親みたいだ と思いました。


シンプルな絵と文が魅力の絵本です。
子供に というよりは少し大人向けの絵本だと思います。
日本語版もあります。

おおきな木
作:Shel Silverstein 訳:ほんだきんいちろう 出版社:篠崎書林 発行日:1976






スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

コメント

はじめまして(^^)

この本は中学だか高校だかで読みました。
読む国によって、「本当に木は幸せだったのか?」という解釈に差が出てくるらしいですね。
懐かしかったのでついコメントさせていただきました。
それでは(^^)

  • 2006/04/13(木) 13:29:01 |
  • URL |
  • Aosa #V.W6sEsg
  • [ 編集 ]

解釈は人それぞれ。

コメントありがとうございます。
確か中学校の英語の教科書に載っているような気がするんですが…。
うろ覚えですみません(>_<)
さまざまな評価をされてるみたいですね、この絵本。
感じ方は人それぞれで、それもまた面白いですね。

  • 2006/04/13(木) 22:19:30 |
  • URL |
  • カオリ #-
  • [ 編集 ]

子供の頃プレゼントされました。
でも裏表紙にどアップで載ってる作者の写真が怖くて、本棚で眠らせていた記憶が・・・
この本の良さを理解したのは大人になってからでした。
ぼくを探して とか大好きです。

  • 2006/04/15(土) 23:18:42 |
  • URL |
  • tomomi #-
  • [ 編集 ]

お元気ですか?

最近は更新されていないのですね。
お忙しいのでしょうか・・・。
また素敵な絵本の紹介UPされるのを楽しみにしてます。e-266

  • 2006/06/20(火) 21:23:05 |
  • URL |
  • imuyam a #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cheshirecats.blog38.fc2.com/tb.php/18-c3bbaf4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。